199638_262599600535722_980877279_n

1.夫婦をつなぎとめるのは何か


19歳の時、私は新潟県・佐渡島の祖父母の家に遊びに行きました。私の祖父と祖母は、毎日一緒に手をつないで海岸を散歩する仲良し夫婦でした。

「どうすれば、おばあちゃんたちのように夫婦関係が上手くいくの?」ロマンチックな恋に憧れていた私は、祖母に尋ねました。

祖母からかえってきたことばは、意外なものでした。

「ひたすら、忍耐だよ」

控えめな性格の祖母が、大学生の私の質問に、実に険しい表情で答えたのです。祖母の意外な表情を見た気がしました。

2.子供は夫婦のかすがいか


「子供は夫婦のかすがい」と昔から言われています。夫婦をつなぎとめる鍵は子供だ、ということです。

ある意味、真実かもしれません。ある50代の大学教員は、「妻には騙された。でも、娘はかわいい」と言っていました。娘さんがいることで、離婚を踏みとどまっているそうです。

私の友人は、海外企業法務やM&Aを手掛ける「渉外弁護士」だったのですが、最近「離婚弁護士」に転身しました。

現在、離婚案件の仕事が、次々と舞い込んでいるようです。

「昔は、子供が可愛そうだ、と離婚をとどまったものだ。でも、最近は子供も夫婦のかすがいになってない」と彼は言っていました。

3.キリストが夫婦のかすがい


私の友人Kさんは、夫婦関係が上手くいっていませんでした。

最初は、ちょっとしたボタンのかけ違いでした。

Kさんが奥さんに頼まれた用事を忘れていた、記念日を覚えていなかった、子供との約束よりも仕事の会議を優先させた。

しかし、次第にケンカがエスカレートし、二人の間に大きな「隔ての壁」が築き上げられてしまいました。

同じ屋根の下に住んでいても、口もきかなくなっていました。

Kさんの心の中は、奥さんへの怒りと憎しみで煮えくり返っていました。離婚の話も進んでいました。

Kさんの奥さんへの憎しみが、Kさん自身を一番傷つけていました。それでも、Kさんは奥さんを裁くことを止められませんでした。

Kさんは、自分のことを「悪い妻に傷つけられた被害者だ」と思っていたからです。

しかし、ある会話をきっかけに、自分の欠点や傲慢さが、奥さんを傷つけてきたことに Kさんは気がつきました。

「自分は自己中心な妻に傷つけられた被害者だと思っていました。でも、気がつかないうちに私も妻を傷つけていました。しかも妻に心の中で怒りを抱き続けることでも、自分も加害者になっていたのです」
とKさんは言います。

Kさんは「奥さんへの怒り」という自分の「罪」を悔い改め、奥さんのために祈るようになりました。
しばらくしてKさんの変化に気がついた奥さんも、態度を軟化させて再びKさんに心を開くようになりました。

私たちは、相手を変えることはできません。私たちができることは、神に自分の罪が赦されたように、相手を赦し祈ることだけです。

「義人はいない。一人もいない」「すべての人が罪に定められた」と聖書は語ります。

それゆえ、私たちは主の祈りで「われらに罪を犯す者をわれらが赦すごとく、われらの罪をも赦したまえ」と祈るのです。

イエス・キリストに自分の罪が赦されたように、互いに赦しあう。その意味で、キリストこそが夫婦のかすがいなのです。



ーーーーーーーーーーーーーーー

フェイスブックの共有ボタン


Share (facebook)

twitter、feedly



プロフィール

関 智征