10750080_777491115619395_6223442065495961540_o
京都大学の田辺元は、かつて「死の哲学」を打ち出した人です。

田辺は、旧約聖書の以下の箇所を好んで読んでいました。
「願わくは、われらにおのが日をかぞへることを教へて、智慧の心を得させたまへ」(詩篇90:12)


キリスト教徒でもない田辺が、なぜ聖書を著書の中でも引用しているか。詩篇のことばには、「死を覚えよ」というメッセージがあるからではないでしょうか。



再来週の自由学園の市民講座で「終活セミナー」講師の依頼を頂きました。自分のバックグラウンドである「キリスト教×生命倫理」の切り口から、お話しいたします。



ーーーー
・日時:2016年2月3日 (水)14:00〜15:30
・場所:自由学園明日館 (豊島区西池袋2-31-3)
・講師:関 智征(牧師、明治学院大学社会学研究所研究員)
・お問い合わせ:03-3971-7535 http://www.jiyu.jp/kanren/contact.html

【プログラム】
・延命処置、尊厳死などの現状の議論
・メメント・モリ 〜死を覚えよ
・自分が大切にしてきたもの・出会い
・家族に思いを伝えるために−エンディングノート

→詳細
ーーーー