「聖書は、聖人が立派な行いをする書物」と思われがちです。しかし、実際は、平凡で弱い人間が、過ちを犯す姿が、繰り返し描かれています。

聖書のしくじり先生シリーズは、聖書を「失敗」という切り口で取り上げます。そして、大昔の失敗例から、私たちが何を学ぶことができるか、探っていきます。

Luca_Giordano_-_Dream_of_Solomon_-_WGA09004













1.ソロモンの栄華



「たけきものもついには滅びぬ ひとえに風の前の塵に同じ」平家物語の冒頭は、時代を超え人々の心を惹きつけます。
平家は、平忠盛が繁栄の土台を作り、清盛が全盛を誇りながらも「平家にあらずば人にあらず」の慢心が平家に広がり、次の代で分裂・崩壊してしまいました。

この「1代目が苦労して築き上げたものを、2代目が発展させ、3代目が滅ぼす」という現象は、既に三千年前のイスラエルにもありました。

イスラエル・ダビデ王家2代目ソロモンは、イスラエル史上、もっとも栄華を極めた王でした。「あなたの先に、あなたのような者はなかった。また、あなたの後にあなたのような者も起こらなかった」とイスラエルの神から祝福された人物です。

ソロモンは、王になった当初、夢の中で神と会話をします。神は、ソロモン王を祝福して「あなたに何を与えようか、願え」と言われます。この時、ソロモン王は、へりくだって神様の前に告白しています。
「私は父ダビデに比べて、とるに足りない若者で、どのように王としてふるまうべきか知りません」

そして、物事を見極める判断力、民の訴えを正しく聞き分ける智慧を求めました。

富も長寿も敵の命も求めないソロモン王に、神は、智慧の心と判断力ばかりか、富と誉れも与えられました。その結果、イスラエルは、領土も拡大し、ユーフラテス川からペリシテ人の地方、さらにエジプトの国境に至るまで、すべての国を支配しました。

また、銅の精錬や土木、建築など、当時の最先端の技術で産業を発展させ、貿易立国として、反映します。軍隊や行政システムなども整備されます。イスラエルの繁栄とソロモンの智慧を見るため、諸国の王や民が遠くから謁見を求めてきました。


ソロモンの最大の業績は、神殿を作ったことです。先代ダビデ自身も、若い日より神殿を立てる志を抱いてきました。しかし、主は戦いに明け暮れ人々の血を流してきたダビデに、それをお許しになりませんでした。


エジプトを脱出した後、各地の屋外テントで礼拝していたイスラエル民族にとって、契約の箱を安置する神殿を作ることは悲願でした。

ソロモンは、父ダビデが準備した資金や資材をもとに、この神殿建築を七年の歳月をかけて、なしとげます。ソロモン王の時代は、まさにイスラエルの絶頂期でした。







15665854419_f53dec9f59_o
赤ん坊をめぐる二人の女性の争いに対する裁定「ソロモンの裁き」でも、ソロモンは類まれな智慧とリーダーシップを発揮する。「ソロモンの審判」ニコラブッサン、ルーブル美術館.


2.絶頂の時は、衰退の始まり


しかし、飛ぶ鳥を落とす勢いの時に、既に凋落の萌芽がありました。ソロモンは、神殿や宮殿などの建築事業のため、人々に過度の労役と税金を課しました。その結果、表面化しないところで、人々の不満や妬みがありました。

また、ソロモン王は、近隣の民族から妻をめとり、王妃700名、側室300名を抱えていました。彼女たちは、シドン人の女神アシュタロテ、モアブの神ケモシュ、アンモン人の神モレクなど異教の神を信仰していました。

女性の頼みだと断れなかったのか、大事業を成し遂げ心にぽっかり穴が空いたのか。ソロモン王は、晩年、異教の神のための高台を築き、礼拝することをゆるします。

しかも、ソロモン自身も、外国人妻や側室の誘いにのって、偶像礼拝をし、ソロモンの心はイスラエルの神から偶像に移ります。


偶像礼拝こそ、もっとも、イスラエルの神が嫌っていたものです。ソロモンは、ただちに王の座を失ってもおかしくない状態でした。ただ、先代ダビデの信仰財産に免じて、かろうじて王権を保つことがゆるされていました。


あなたが生きている間は、父ダビデのゆえに、王国を裂いて取り上げないが、あなたの息子の時代には、その手から王国を取り上げる。



王に就いた時、ソロモンは、へりくだり神の智慧に満ちていました。しかし、いつのまにか神から離れてしまいました。彼自身は、王国の傾斜をみるよりも先に命が尽きます。ソロモン自身が蒔いた種は、次の代に刈り取ることになります。


ソロモンの子レハブアム王は、ダビデ王家初代ダビデ王が苦労している姿を知りませんでした。レハブアムは、労役で疲弊している民の心に寄り添うことをせず、先代ソロモンの時から仕える長老の声も無視し、無茶な執政を行います。


王国に内在していた不満が一気に噴出し、ダビデ王家は、3代目レハブアムの時に分裂します。ソロモンが死んで、わずか数年後のことです。ようやく安住の地を得て、栄華を極めたイスラエルは、この後、厳しい運命をたどります。


1代目が苦労して、羊飼いから身を起こして道を切り拓き、2代目は栄華を極めると同時に、破滅の種も蒔く。そして、3代目が衰退、分裂へと導く。これがダビデ王朝でした。






11-francken
ソロモン王は、晩年、外国人妻や側室の誘いにのって、偶像礼拝をし、心がイスラエルの神から偶像に移る。「ソロモン王の偶像崇拝」フランスフランケン2、ポールゲッティ美術館



3.警告あれど、気付かず


人生には、上り坂 下り坂の他に、まさかという坂がある、と言われます。まさか自分の次の代で、王国が分裂するとは、ソロモン王自身は、思っていなかったのではないでしょうか。


しかし、警告は出ていました。そもそも、モーセの律法(トーラー)には、「異邦人と結婚してはならない。偶像礼拝に染まり、主の怒りの対象となって、イスラエルの根絶を招くから」とありました。ソロモンは、この律法を知っていました。


また、神殿の完成前も完成した後も、
「わが子ソロモンよ。今あなたの父の神を知りなさい。まったき心と喜ばしい心をもって主に仕えなさい。あなたが主を捨てるなら主はあなたを永遠に捨てられる」
「もし、わたしのおきてを守れず、ほかの神々に仕え、これを拝むなら、イスラエルを断つ」

と神は釘をさします。

ソロモンが偶像礼拝に惑わされた時、主は2度もソロモンに現れ、「他の神々に従ってはならない」と戒められました。しかし、ソロモンは主の戒めを守りませんでした。


警告やサインが出ていても、上り調子の時は、なかなか気がつくことができないのが私たち人間です。

ソロモン王は、才能あふれる王として周りの嫉妬に気がつかなかった可能性もあります。あるいは、特別扱いされている中で、「偶像礼拝しても、私は主に愛されているし、ゆるされるだろう」と思っていたかもしれません。

いずれにせよ、ソロモンは、若い時は謙虚な信仰者であったのに、歳を重ねてから、イスラエルの為政者にあるまじき偶像礼拝と放縦によって、晩節を汚してしまいました。


現代でも、若い時に才気にあふれたいたのに、慢心から身を滅ぼしたり、引導を渡されるトップは数知れません。

「自分の力でなんでもやっている」「自分が正しい」と、自分を助けてくれる人たちへの感謝の思いを忘れる。

成功体験に縛られ、自分は業界のことを何でも知っていると錯覚して、状況の変化が見えなくなる。自分は何をやってもゆるされるだろう、と脇が甘くなる。

このように、権力や名声を得る中で高ぶってしまうのは、古今東西、変わらない人間の弱さのようです。


もし、ソロモン王が「私は父ダビデに比べて、とるに足りない若者で、どのように王としてふるまうべきか知りません」という若い日の祈りの姿勢を歳を重ねてからも覚えていたら、イスラエル民族の運命は、どう変わっていたのでしょうか。



ーーーーーーーーーーーーーーー

フェイスブックの共有ボタン


Share (facebook)

twitter、feedly



プロフィール

関 智征