u2jouneyu2best









4月8日のブログでU2を取り上げたら、友達から
「U2ってクリスチャンだったの〜?」って反応をもらいました。


U2の曲は、TVCMやBGMとかでも超〜使われているので、
どこかでU2の曲を聞いたことある人が多いと思います。

最近は、アップル社のiPodのイメージキャラクターに選ばれたり、
ロックの殿堂入りの式典でキャサリン・ゼタ=ジョーンズに
エスコートされてステージに上ったことが印象的です。

ipod





でも、U2のメンバーのキャラは、あまり知られていません。

酔月亭さんが、
「キリスト教はU2を(と言うよりはボノ)を追っかけてると
 避けては通れないものの一つです」と書き込みをしてくれました。

本当、そうですよねぇ。

ボーカルのボノが特にジーザスにアツいんだな。
(彼は教会は嫌いだけど)

U2のメンバーの内面を知るのにお勧めの本。

「魂の歌を求めて (WALK ON: THE SPIRITUAL JOURNEY OF U2)」
u2jouney






この本、感動。

U2(特にボーカルのボノ)は、
伝統的で頭のカタイ教会には反発しながらも
歌のメッセージには、スピリチャルで神を求める作品を
世の中に送り出していったのです。

U2のライブ会場は、
「聴きに来た人が癒されるスピリチャルな空間」って意味で
教会の役割を果たしていますよね。




僕が尊敬する内村鑑三は、「無教会主義」を打ち出しました。

内村は
「教会が無い(教会に行けない)人たちのために、自分は活動している」
と言っています。

U2もボノも内村鑑三も
一般の人に通じるジーザスを伝え方をしていて
カッコいいんですよね。

僕も、U2や内村鑑三のように
教会とかと全然関係ない場所でジーザスを感じられる
ような空間(たとえばカフェ)を世の中に提供していきたいんです。



PS
U2の入り方として、まずはベスト版2つが
いいかもしれません。


The Best of 1980-1990
u2best









U2: Best of 1990-2000
u2best1990