関 智征の記録 ブランドニューライフ

内村鑑三を尊敬して生きる。

高齢化社会に伴い「終活」「エンディングノート」などが流行っているが、私たちは、どのように家族や自分の死、家族の死と向きあえばよいのか。 ブランドニューライフ牧師の関 智征さんは、福祉や教会の現場での体験を踏まえ、終活ブームに「死生学」の切り口 ...

手術につきものなのは痛みと発熱です。 世の中には骨折しているのにスポーツの試合に出場する強者や、39℃の熱もモノともしない人もおられますが、私は全く足元にも及びません。 38℃ともなれば食欲は消え失せ、悪寒・戦慄とともに瀕死の風情になりますし、「ダルイ、しん ...

1.字が汚くて三筆と呼ばれる 私は、予備校時代の駿台・北松戸寮で「北松戸の三筆」と呼ばれていました。三筆(さんぴつ)とは、書道の達者な平安時代の3人の人物を意味します。 私が三筆と呼ばれていたのは、字が上手だったからではありません。字がヘタだったからです ...

↑このページのトップヘ