ブランド・ニュー・ライフ 聖書と教会とキリスト教

内村鑑三を尊敬して生きる。 執筆:関 智征。牧師。一般社団法人TWR代表理事、東京都千代田区の教会の牧師

「日本人として生まれて、よかった」 桜の花の美しさを愛でる度に、日本に生を受けたことへの感謝の念が湧いてくる。 思えば「花見に行くぞ」と意気込んで行った名所の桜よりも、期せずして邂逅した街中の桜のほうが、不思議と美しさが脳裏に焼きついている。 「今年は、 ...

旧約聖書「エステル記」のどんでん返し物語は、イエスの復活物語を彷彿とさせます。エステル記の史実を祝うプリム祭りの季節、どんな点でエステル物語とイエス物語が似ているのか、書きました。 1. 勇敢な王妃エステルの物語 20世紀のヒトラーによるユダヤ人迫害のはる ...

ーーーーーーーーーーーーーーー フェイスブックの共有ボタン twitter、feedly プロフィール関 智征 ...

ーーーーーーーーーーーーーーー フェイスブックの共有ボタン twitter、feedly プロフィール関 智征 ...

ご挨拶 キリスト教の歴史は、その時代の最新技術を活用してきた歴史でもあります。たとえば、16世紀の教会は、当時の最新技術「活版印刷術」を用いて、聖書を普及させました。同時に、教会は芸術を発展させてきました。 現代においても、テクノロジーを活用し、「福音」を ...

ーーーーーーーーーーーーーーー フェイスブックの共有ボタン twitter、feedly プロフィール関 智征 ...

ーーーーーーーーーーーーーーー フェイスブックの共有ボタン twitter、feedly プロフィール関 智征 ...

↑このページのトップヘ