ブランド・ニュー・ライフ 聖書と教会とキリスト教

内村鑑三を尊敬して生きる。 執筆:関 智征。牧師。一般社団法人TWR代表理事、東京都千代田区の教会の牧師

1.この町も、あなたがいた町と同じです 西部開拓時代のアメリカでのエピソードです。 当時、多くの人が、東部から西部の町に移住していました。 西部のある町の入り口に、町の長老が立っていました。 東部から移動してきた人たちがその町に入る時、まずその長老に出会いま ...

1.光と闇の戦い 「遠い昔、はるかかなたの銀河系で・・・」で始まる「スター・ウォーズ」。 この映画では、「光と闇の戦い」が、全エピソードをとおしたテーマになっています。 目に見えない悪の勢力「シスの暗黒卿」が、巧妙に人を闇の世界にひきずりこもうとする。そ ...

「このスマホ、超使えなーい」。近所の高校生が、機械相手に怒っていました。 この数年、通信機器技術は目まぐるしく発達しました。 私が高校生だった20年前は、ポケベルの全盛期でした。特に女子生徒が、学校の公衆電話でポケベルを打っていました。 ポケベルを打つと ...

1. クラス替えに働いた神の御手?! 中学1年の終わりに、私の中学でクラス替えがありました。クラス替えは、中学生にとってビッグイベントです。 なにしろ、中学生は、1日のほとんどを学校で費やします。学校以外のコミュニティーに逃げ場もないので、学校が世界の全ての ...

何年も前、上野の美術館で、私は1つの絵画の前に立った。その絵には、大航海時代のヨーロッパの港が描かれていた。 人々の生き生きとした表情、港の喧騒、荷揚げの男の屈強な体。エネルギーが絵からにじみ出ていた。 まるで港の空気や匂い、音、そして人々の命の鼓動が、 ...

1.字が汚くて三筆と呼ばれる 私は、予備校時代の駿台・北松戸寮で「北松戸の三筆」と呼ばれていました。三筆(さんぴつ)とは、書道の達者な平安時代の3人の人物を意味します。 私が三筆と呼ばれていたのは、字が上手だったからではありません。字がヘタだったからです ...

↑このページのトップヘ